不動産ニュース / 開発・分譲

2022/5/9

阪急阪神不とCRE、ベトナム北部に物流倉庫

物流倉庫「セムコープ ロジスティクスパーク(ハイズオン)」外観

 阪急阪神不動産(株)と(株)シーアールイーは9日、シンガポールのSembcorp Development Ltd.(セムコープ デベロップメント社)と共同でSembcorp Infra Services Pte. Ltd.(セムコープ インフラ サービス社)に出資し、ベトナム北部におけるVSIPハイズオン工業団地内で開発した物流倉庫「セムコープ ロジスティクスパーク(ハイズオン)」について発表した。

 VSIPハイズオン工業団地は、首都ハノイ市と北部最大の港湾都市ハイフォン市を結ぶ主要幹線道路沿いに位置。両都市へのアクセスに優れている。同施設は、敷地面積約2万8,200平方メートル、建物は地上1階建て。賃貸可能面積は約1万3,200平方メートル。2022年4月24日に竣工済み。

 庫内有効高さは9m以上、床荷重2.0t/平方メートル、1区画あたり電力容量200KVAなど、汎用性の高い仕様とした。1区画は約2,200平方メートルで、最大6テナントによる分割使用が可能。トラックバースには、倉庫の搬出入口の床面とトラックの荷台との間に生じる段差を解消するドックレベラーを設置。環境への配慮として、全館でLED照明を採用した。ベトナム・グリーン・ビルディング協会の環境性能評価システム「LOTUS」の認証を取得している。

 同物件の竣工により、セムコープ インフラ サービス社を通じて運営する物流倉庫は、VSIPハイフォン複合都市・工業団地内の3棟に次いで4棟目。総賃貸面積は約5万6,000平方メートルとなる。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/7/1

「海外トピックス」更新しました!

アムステルダムの「コンテナ学生寮」【オランダ】」アップしました。
深刻な住宅不足が続くオランダで、簡単に設置でき、かつ一定程度の居住性能を確保できる「コンテナハウス」が注目を浴びている。今回は、コンテナ型の学生寮を紹介。住宅確保に苦慮する留学生などの強い味方になっているとか。