不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/5/19

ビルのエネルギー、消費量・単価・コストが低下

 (株)ザイマックス不動産総合研究所は18日、「オフィスビルエネルギー消費量およびコスト調査」(2021年12月)の結果を発表した。同社グループが運営する首都圏の一般的な賃貸オフィスビルのうち、有効なデータを得られた約100棟を対象に、09年4月よりエネルギー消費量・単価・コストの推移について調査している。

 21年通年のエネルギー消費量は、1平方メートル・月当たり112.9MJ(前年比5%減)となり、20年4月頃から広まった来館者数や出社人数の制限が昨年1年通じて継続されたことや、極端な換気を行なうことが減り、空調効率があがったことが要因と見ている。10年比では約32%減少しており、ここ10年で最低値だった。

 エネルギー単価は1MJ当たり1.83円(同0.02円低下)。17年以降上昇を続けていたが、20年から低下傾向となった。

 1ヵ月・1平方メートル当たりのエネルギーコストは202.3円(同11.9円低下)と、3年連続で下落した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/7/1

「海外トピックス」更新しました!

アムステルダムの「コンテナ学生寮」【オランダ】」アップしました。
深刻な住宅不足が続くオランダで、簡単に設置でき、かつ一定程度の居住性能を確保できる「コンテナハウス」が注目を浴びている。今回は、コンテナ型の学生寮を紹介。住宅確保に苦慮する留学生などの強い味方になっているとか。