不動産ニュース / イベント・セミナー

2022/5/23

ハワイの不動産市場、コロナ後は活況

 (一社)日米女性ビジネスネットワーク協会(WBN)は21日、「パンデミック前後のハワイの不動産事情」をテーマにオンラインセミナーを開催。総合不動産会社「ハワイ5-0プロパティーズ」リアルターの一棟多代氏が、「ハワイの不動産事情-コロナ禍とその後の変化」について講演した。

 同氏は、「コロナを境に不動産価格は急上昇しており、在庫数が少ないことも影響して、4月時点での中間価格値は、戸建てが約110万ドル、コンドミニアムが約51万ドルで推移している。成約に至るまでの日数も短く、不動産市場は活況」などと話した。コロナ禍において、内見時のバーチャル案内やビデオ会議スタイルが日常化してきたことにも触れた。

 今後については、「金利の上昇」「在庫不足による販売価格の高値傾向」が続くと予想。賃貸物件の家賃値上がりにより、20歳代の若年層が新築コンドミニアムの購入を検討する傾向から、「マイホームを所有して将来の資産を形成しようという堅実な考えを持つ若年層が増えていくのでは」とした。「ハワイをリモートワークの拠点にしたい、リタイア後のセカンドライフを過ごしたいと、海外や他州からハワイへの移住を希望する人たちが集まる傾向も。ハワイの不動産は引き続き堅調に推移するだろう」(同氏)。

 続いて、Bank of Hawaii International Banking Officerの早川佳孝氏が、コロナ禍によるハワイ経済への影響について講演。「ハワイは旅行、ホテルなどの観光業が基幹産業で、全体の25%弱を占める。コロナにより痛手を負った企業は少なくない」とした一方、「低金利のうちに家の購入や買い換えを進める傾向も見られる」とした。

 今後の見通しについて、「ゴールデンウィーク以降、日本からの旅行者が増えつつあるが、コロナ前に戻るには3年ほどかかるだろう」と推測。「今回のパンデミックを機に、観光以外の基幹産業をいかにして育てていくかが課題」とした。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

リモートワーク

従業員が、情報システムを利用して自宅など職場以外の場所で勤務すること。英語のremote working(リモート ワーキング)である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/7/1

「海外トピックス」更新しました!

アムステルダムの「コンテナ学生寮」【オランダ】」アップしました。
深刻な住宅不足が続くオランダで、簡単に設置でき、かつ一定程度の居住性能を確保できる「コンテナハウス」が注目を浴びている。今回は、コンテナ型の学生寮を紹介。住宅確保に苦慮する留学生などの強い味方になっているとか。