不動産ニュース / 開発・分譲

2022/5/25

野村不、神奈川で初の集約型「プラウド」販売拠点

「プラウドギャラリー武蔵小杉」の内装

 野村不動産(株)は25日、同社の新築分譲マンション「プラウド」の複数物件を取り扱う販売拠点「プラウドギャラリー武蔵小杉」(川崎市中原区)をオープンした。神奈川県内でこうした集約型の販売拠点を開設したのは初めてだという。

 1ヵ所で複数物件を効率的に比較・検討できるのがメリット。各物件のパンフレットやVR模型といった物件情報の閲覧だけにとどまらず、コンセプトルーム(1LDK、3LDK)やテレワークスペース、収納スペースなどを常設しており、購入物件が決まっていないユーザーの情報収集もサポートする。

 また、伊勢丹新宿本店やブルーボトルコーヒーなどの「プラウド」との親和性が高いインテリア・ライフスタイルブランドと連携し、「リビングSTUDIO」「キッチンSTUDIO」「Caféスペース」といった3エリアを設置。それぞれのエリアにおいて、家具家電のセレクトや来場客に出すコーヒー、香りの演出などといったさまざまなコラボレーションを行なっている。

 「プラウドギャラリー武蔵小杉」は、JR南武線「武蔵小杉」駅より徒歩1分の「武蔵小杉タワープレイス」の4、10階の2フロアを使用。延床面積は841.93平方メートル。開設時の取扱い物件は「プラウド武蔵新城ステーションマークス」(川崎市中原区、総戸数109戸)、「プラウド溝の口イースト」(川崎市高津区、総戸数44戸)など4物件。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/7/1

「海外トピックス」更新しました!

アムステルダムの「コンテナ学生寮」【オランダ】」アップしました。
深刻な住宅不足が続くオランダで、簡単に設置でき、かつ一定程度の居住性能を確保できる「コンテナハウス」が注目を浴びている。今回は、コンテナ型の学生寮を紹介。住宅確保に苦慮する留学生などの強い味方になっているとか。