不動産ニュース / 開発・分譲

2022/6/3

「一宮物流センター」を稼働/大和ハG

「一宮物流センター」外観

 大和ハウスグループの大和物流(株)は1日、物流施設「一宮物流センター」(愛知県一宮市)の稼働を開始した。竣工は5月31日。

 同社は愛知県を中心に中部エリアにおいて物流基盤の強化を図っており、これまでに県内11ヵ所の物流施設を運営。さらなる需要増加に対応するため同センターを開発した。中部エリアに拠点を置くメーカーや流通業者向けの3PL拠点として同社が運営する。

 名古屋高速16号一宮線「西春IC」から約1.5kmに位置し、名古屋市内へも30分圏内。敷地面積約1万1,272平方メートル。建物は鉄骨造地上3階建て。延床面積約1万7,437平方メートル。床荷重は、1平方メートル当たり2.0t。トラックバース直結の貨物用エレベーターと垂直搬送機を活用し、効率的な荷役業務を行なう。

 また、年間予定発電量約69万kWhの太陽光パネルも敷設。2023年8月頃より発電する予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?