不動産ニュース / その他

2022/7/19

マンションのバリューアップ事例を募集

 (一社)マンション管理業協会は、「マンション・バリューアップ・アワード(MVA)2022」の実施概要を公表した。

 住み心地や建物・設備、安心・安全などマンションに関するすべてのバリューアップ事例・提案を募集し表彰する。募集部門は(1)マンションライフ・シニアライフ部門(住み心地、居住価値向上、高齢者対応)、(2)工事・メンテナンス部門(建物資産価値の向上)、(3)防災・防犯部門(防災・防犯力の向上)、(4)管理組合運営部門(管理組合財政・管理組合運営の改善、IT化の取り組み等)、(5)マンション管理適正評価部門(適正評価制度への取組状況等)の5部門。

 応募資格は、マンション管理組合、サークル等組織、マンション居住者、管理会社、管理員など。グランプリ(1点)には賞金30万円〈各部門部門賞から選出〉、部門賞(数点)には賞金各10万円、準部門賞(数点)には賞金各5万円等を授与する。受賞特典として、世界的に著名な写真家である立木義浩氏が受賞者たちを撮影した電子ブック『マンションと生きる』を制作公開。また、YouTubeチャンネル「マンションと生きる」で受賞者インタビュー動画を配信する。 

 募集期間は8月1日~10月31日。2023年2月下旬に結果を公表する予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。