不動産ニュース / 政策・制度

2022/7/25

低未利用土地控除、確認書交付は5,150件

 国土交通省は25日、「低未利用土地の利活用促進に向けた長期譲渡所得の100万円控除制度」の利用状況を公表した。

 同制度は、2020年7月にスタート。個人が保有する低未利用土地等を譲渡した場合の長期譲渡所得の金額から100万円を控除するもの。

 20年7月~21年12月の自治体による低未利用地土地等確認書の交付実績は5,150件。全都道府県で公布実績があり、平均で約110件であった。1件当たりの譲渡の対価の額は平均で247万円。

 譲渡前の土地の状態については、空き地が55%、空き家が27%。譲渡後の利用用途は、住宅が61%と大半を占めた。所有期間については、30年以上保有している土地等が61%。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

低未利用地の譲渡所得課税の特例

個人が保有する低額な土地等を譲渡した場合に、譲渡所得課税を軽減する特例措置。個人が、譲渡価額が500万円以下であって、都市計画区域内にある一定の低未利用地(低未利用であること及び買主が利用意向を有する...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。