不動産ニュース / IT・情報サービス

2022/8/25

住宅設備の説明書を電子化/中央日土地

「トリセツ+HOME」アプリ画面イメージ

 中央日本土地建物(株)は25日、分譲マンション「BAUS(バウス)」において、東京ガス(株)が提供する「トリセツ+HOME(トリセツホーム)」を導入すると発表した。

 「トリセツ+HOME」は、住宅の引き渡し時に渡す住宅設備の取扱説明書をスマートフォン・パソコンで提供するサービス。

 入居者にとっては、説明書の収納場所の確保が不要となり、居室内のスペースを有効活用できるようになるほか、アプリやウェブサイト上で各設備の型番も確認できるため、交換用部品の購入がスムーズになる。備え付けの家電だけでなく、新しく購入した家電の追加登録も可能。

 一方、マンションの事業主等も、これまでは紙の説明書から情報を探していたが、入居者と同じ住宅設備の情報を閲覧できる「管理者アカウント」機能を活用することで、問い合わせを受けた際に迅速な対応が可能となる。

 同社は、2022年7月に引き渡しを開始した「バウス湘南台」(神奈川県藤沢市、総戸数97戸)を皮切りに、今後開発する「BAUS」シリーズの分譲マンションで順次サービスを導入していく計画。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
新しい住宅トレンドは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/11/17

「記者の目」更新いたしました

地元の魅力を発信する不動産屋さん「プリンスジュン」」を更新しました!
神奈川県中郡二宮町で愛される王子様をご存じですか?普段は仮の姿として不動産業に従事する「プリンスジュン」。その生態をレポートします。