不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/9/20

基準地価、全国の住宅地が31年ぶりに上昇

 国土交通省は20日、令和4年度都道府県地価調査(7月1日時点)を発表した。調査地点は2万1,444地点。

 地価の平均変動率は、全国の全用途平均が0.3%上昇(前回調査:0.4%下落)と、3年ぶりに上昇に転じた。

 住宅地は0.1%上昇(同:0.5%下落)となり、31年ぶりに上昇に転じた。都市中心部や生活利便性に優れた地域の住宅需要は堅調であり、低金利環境の継続や住宅取得支援施策等が需要を下支えしている。また生活スタイルの変化により需要者のニーズが多様化、上昇がみられた地域の範囲も拡大している。
 商業地は0.5%上昇(同:0.5%下落)と3年ぶりに上昇した。個人消費が持ち直し始めていることから店舗需要の回復が見られたほか、マンション用地やオフィスの需要等の堅調さもあり上昇となった。工業地は1.7%上昇(同:0.8%上昇)と5年連続で上昇し、上昇幅も拡大した。電子商取引の需要が堅調なことから大型物流施設用地の強い需要が継続した。

 圏域別では、三大都市圏は全用途平均1.4%上昇(同;0.1%上昇)、住宅地1.0%上昇(同:0.0%上昇)、商業地1.9%上昇(同:0.1%上昇)、工業地3.3%上昇(同:1.7%上昇)。
 東京圏が全用途平均1.5%上昇(同:0.3%上昇)、住宅地1.2%上昇(同:0.1%上昇)、商業地2.0%上昇(同:0.1%上昇)、工業地3.7%上昇(同:2.3%上昇)。大阪圏は全用途平均0.7%上昇(同:0.3%下落)、住宅地0.4%上昇(同:0.3%下落)、商業地1.5%上昇(同:0.6%下落)、工業地3.3%上昇(同:1.7%上昇)。名古屋圏は全用途平均1.8%上昇(同:0.5%上昇)、住宅地1.6%上昇(同:0.3%上昇)、商業地2.3%上昇(同:1.0%上昇)、工業地2.1%上昇(同:1.2%上昇)。

 上昇・横ばい・下落の地点数については、全用途平均が上昇7,700地点(構成比37.2%)、横ばい3,637地点(同17.5%)、下落9,387地点(同45.3%)。住宅地は上昇5,079地点(同34.9%)、横ばい2,476地点(同17.0%)、下落7,005地点(同48.1%)。商業地は上昇2,105地点(同40.7%)、横ばい890地点(同17.2%)、下落2,179地点(同42.1%)。いずれの用途においても、「上昇」の割合が大幅に増加し、「下落」の割合が50%を割り込んだ。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

都道府県地価調査

都道府県地価調査は、国土利用計画法による土地取引の規制を適正に実施するため、国土利用計画法施行令第9条にもとづき、都道府県知事が毎年9月下旬に公表する土地評価である。評価の対象となるのは全国の約2万地点の「基準地」である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。