不動産ニュース / 開発・分譲

2022/9/27

米国3都市圏で賃貸住宅計950戸取得/東急不

シアトル都市圏南部ハイライン地区の物件イメージ

 東急不動産(株)は27日、米国現地子会社Tokyu Land US Corporation(米国カリフォルニア州、President:吉見 直氏、以下「TLUS」)を通じ、米国3都市圏(シアトル都市圏、ポートランド都市圏、デンバー都市圏)で計4物件・950戸の賃貸住宅を取得したと発表した。いずれも取得後もリノベーションを行ない、物件の価値向上を図る。

 シアトル都市圏では、南部ハイライン地区の物件(252戸)および南部デモイン市の物件(223戸)を取得。ハイラインは、敷地面積約5万7,000平方メートル、賃貸面積約1万9,000平方メートル、1986・88年築木造3階建て。デモインは、敷地面積約8万2,000平方メートル、賃貸面積約1万8,000平方メートル、97年築木造3階建て。
 ポートランド都市圏では、タイガード市の物件(227戸)を取得。敷地面積約5万平方メートル、賃貸面積約1万7,000平方メートル、68・69・74年築木造3階建て。
 デンバー都市圏では、リトルトン市の物件(248戸)を取得。敷地面積約4万平方メートル、賃貸面積約1万8,000平方メートル、86年築木造3階建て。
 いずれの物件も主要就業地域などへの交通利便性が高く、近隣や周辺エリアに勤務するDINKS層およびファミリー層を中心に底堅い賃貸需要を見込んでいる。

 なお、同社は、2012年にTLUSを設立。ロサンゼルス・ニューヨークを拠点に、今回の4物件を含み米国全土で計20件・4,543戸の賃貸住宅、計2件・約7万平方メートルのオフィス・その他の事業による賃貸事業に参画している。売却・回収済の住戸を加えると累計約7,800戸の賃貸住宅(学生アパートを含む)に関与。今後も米国内での不動産事業を積極的に進めていく方針。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。