不動産ニュース / 開発・分譲

2022/9/27

都内で「グランリビオ」3物件/日鉄興和不

「グランリビオ市谷砂土原」外観イメージ

 日鉄興和不動産(株)は27日、分譲マンションブランド「LIVIO(リビオ)」シリーズの最上位ブランドである「グランリビオ表参道」(東京都渋谷区、総戸数64戸)、「グランリビオ市谷砂土原」(東京都新宿区、総戸数21戸)、「グランリビオ浜田山」(東京都杉並区、総戸数84戸)を10月より順次販売開始すると発表した。

 「グランリビオ」はこれまで首都圏で8物件(総戸数672戸)を供給している。2021年7月に行なった「リビオ」のリブランディングに合わせ、建物商品、サービスともにブラッシュアップを図り、商品の再構築を行なった。

 「グランリビオ表参道」は、東京メトロ銀座線「渋谷」駅徒歩6分、東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅徒歩8分に立地。敷地面積約764平方メートル。鉄筋コンクリート造地上14階地下1階建て。住戸の間取りはワンルーム~3LDK、専有面積は25.70~80.11平方メートル。2LDKの角住戸が中心で、ワイドリビングなどのプランを用意する。竣工は2024年7月、入居開始は同年8月の予定。

 「グランリビオ市谷砂土原」は東京メトロ南北線・有楽町線「市ヶ谷」駅徒歩8分に位置する3方向角地に立地。敷地面積約827平方メートル。鉄筋コンクリート造地上5階地下2階建て。住戸の間取りは2DLK、3LDK、専有面積は71.73~169.95平方メートル。全21戸中16戸が角住戸。全戸分のトランクルームや各階ゴミ置き場を用意する。竣工は24年1月下旬、入居開始は同年2月下旬の予定。

 「グランリビオ浜田山」は京王井の頭線「浜田山」駅徒歩9分、第一種低層住居専用地域での開発。敷地面積約5,012平方メートル。鉄筋コンクリート造地上3階地下1階建て。住戸の間取りは3LDK~4LDK、専有面積は61.85~82.23平方メートル、南向きが中心。中庭を中心に建物と庭に隔てを感じないゆとりある配棟計画とし、生物多様性に配慮したランドスケープを採用した。竣工は23年10月下旬、入居開始は同年12月中旬の予定。 なお同物件は、同社および東京建物(株)、安田不動産(株)の共同事業。

 昨今の富裕層のマンション購入需要の高まりを受け、今後も都内を中心にグランリビオシリーズを継続して供給していく予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。