不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/10/18

ファミリーに人気の設備、室内ではWICがトップ

 不動産総合情報サービスのアットホーム(株)は18日、「不動産のプロが選ぶ!『ファミリーに人気の設備ランキング』~マンション編~」を発表した。過去3年以内にマンションの購入を検討しているファミリー(6歳以下の子供がいる家庭)を担当したことがある、全国のアットホーム加盟店439社が対象。7月28日~8月4日、インターネットを通じてアンケート調査した結果を集計した。

 室内設備の人気1位は「ウォークインクローゼット」(37.6%)。「バリアフリー(段差がなく手すりがあるなど)」(24.8%)、「シューズインクローゼット」(21.4%)と続いた。「ウォークインクローゼットだけでなく、多くの収納スペースを希望するお客さまが多かった」といったコメントがあり、小さな子供がいる家庭では、おもちゃやベビーカーといった荷物が多いため、広々とした収納スペースの人気が高かった。

 水回りの1位は「追焚き機能」(64.5%)。次いで「浴室乾燥機」(45.3%)、「食器(洗浄)乾燥機」(41.2%)となった。「追焚き機能」は、家族それぞれの入浴時間が異なる場合でもいつでも温かいお風呂に入れるため、需要の高い設備となった。

 室外設備の1位は「オートロック」(59.5%)。次いで「駐車場、ガレージ」(52.6%)、「24時間ゴミ捨て可能」(41.7%)となった。不動産会社からは、「オートロックは必須」など、マンションで生活する上で必要な設備としてのコメントが多数寄せられ、防犯対策として必ず確認しておきたい設備であることが見受けられた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。