不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2022/10/18

販売事業売上が半減/アズ企画23年2月期2Q

 (株)アズ企画設計は18日、2023年2月期第2四半期決算(非連結)と、今後の経営戦略に関する説明会を開催した。

 当期(22年3月1日~8月31日)は、売上高14億3,400万円(前年同期比51.9%減)、営業損失2億6,200万円(前年同期:営業利益1,700万円)、経常損失3億1,800万円(同:経常損失900万円)、当期純損失2億1,700万円(同:純損失1,100万円)。販売事業の売り上げが低水準、かつ販管費(租税公課等)の増加で、売り上げ・利益ともに低下した。通期業績予想に対する進捗状況は、売上高で13.4%。

 不動産販売事業では、レジデンス1棟、保養所1棟、区分マンション1件を売却。取引件数が減り、平均販売金額も前年同期実績4億3,000万円から3億5,000万円に下落した。販売用不動産の在庫拡充に努め、52億円の在庫を確保。上半期に仕入れを行ない下期で売却するという下期偏重の傾向を、来期以降で徐々に改善していく方針。売上高は10億9,700万円(前年同期比58.1%減)、セグメント損失は1億7,300万円(前年同期:セグメント利益1億6,400万円)。

 不動産賃貸事業は、東北ホテルの売り上げと収益不動産賃料収入が減少したが、東北ホテルの収益性が大幅に改善。売上高は2億2,700万円(前年同期比12.3%減)、セグメント損失は1,800万円(前年同期:セグメント損失5,200万円)となった。

 同社代表取締役社長の松本俊人氏は、今後の営業戦略について「売上拡大のため、価格帯の向上と商品種別の多様化に取り組んでいる」と言及。融資の付きやすい属性の投資家への販売を目指し、取り扱いの中心を3億円のレジデンスにするとともに、10億~20億円規模の収益不動産の取り扱いを拡充する。投資家からのさまざまなニーズに応えるため、取り扱うアセットタイプを増やし、商品種別の多様化を目指すとした。

 また、震災から10年が経過し、当初の役割を全うした「アイルーム南三陸」については、1階部分をコールセンターに転用。2・3階部分を移設し、学生寮として再利用する。残りの東北ホテル3棟についても、寮や社宅への再利用、トレーラーハウス等へのコンバージョンを検討している。「雇用創出、地方創生などに貢献できる用途で再利用していく」(同氏)。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。