不動産ニュース / リフォーム

2022/10/21

空き家をゴルファーをターゲットにした宿泊施設に

「緑邸」外観

 FANTAS technology(株)は、宿泊施設「緑邸(りょくてい)」(千葉県夷隅郡大多喜町)を11月1日にグランドオープンする。

 いすみ鉄道いすみ線「城見ヶ丘」駅から徒歩20分に立地する築120年超の古民家(空き家)を取得し、1棟貸しのゲストハウスに改修した。敷地面積は1,611.32平方メートル、木造1階建てで、延床面積は171.46平方メートル。

 物件から車で20分以内の圏内にゴルフ場が20ヵ所も点在するという地域特性を生かし、メインターゲットを20~30歳代のゴルファーに設定。ゴルフ場に併設されている宿泊施設はビジネスタイプが多く、グループで宿泊できる施設が少ないことから、1棟貸しの宿泊施設とした。同社の空き家再生プロジェクトにおいて、宿泊施設として再生した初の事例となる。

 敷地の一部に人工芝を敷設したアプローチ練習場を設置。テーブル、椅子、コンロといったBBQ用品も完備しており、屋外でBBQを楽しみながらゴルフ練習もするといった利用も可能にしている。キッチンには調理器具や調味料なども用意。全員が着席できる長テーブルと椅子も備えており、調理を楽しみながらみんなで食事をしたり会話を楽しんだりできるような空間としている。テーブルには電源を複数用意、Wi-Fiも完備しており、ワーケーション需要にも対応可能。

 ゲストルーム(寝室)としてツインルーム2室、トリプルルーム1室があり、リビングのソファベッドと合わせ最大7名まで宿泊できる。宿泊料は、1人1万7,000円(食事なし)。

敷地内には人工芝のアプローチ練習場を完備
室内は建物の持ち味を生かして再生(写真はリビング)

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

古民家

建築後、長い年月を経過した住宅。地域の歴史や風土を反映しやすく、単に「民家」と呼ばれることが多い。その価値に着目して、移築や再利用されることもある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。