不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/10/21

仲介担当者の約8割が「鍵取り物件は内覧候補から外す」

 (株)ライナフは21日、WEBアンケート調査「内覧時の入室方法に関する実態調査」の結果を公表した。同社のIoTサービス「スマート内覧」を利用している不動産仲介事業者の担当者614人を対象としたアンケート。調査期間は8月27~28日。

 専有部の内覧に際し、「最も面倒な入室方法は?」という質問に対しては、76%が「近隣業者や管理会社への鍵取り」と回答。その理由については、「時間のムダ」がトップ。「返却や預かりの手間が面倒」、「ルートや日時調整が難しく急な内覧要請に対応できない」といった声も挙がった。また、「鍵取り物件を内覧候補から外したことがあるか」という問いには、50%が「たまにある」、28%「よくある」と回答した。

 「専有部の入室方法」については、612人の回答者のうち564人が「現地キーボックス」と回答。「ダイヤル式の簡易ドアロック」(205人)、「近隣業者や管理会社への鍵取り」(167人)が続いた。

 「内覧する際に管理会社とのやり取りで面倒なもの」については、73%が「電話+FAX」と回答。「手間・工数がかかる」、「FAXが面倒」、「時間がかかる」などが理由として挙がった。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

内覧

一般の人への公開に先立って、限定した人々に非公式に披露すること。 展覧会やイベントにおいて行なわれる場合が多いが、販売予定のマンション等を、あらかじめ登録した者などの見学に供することも内覧である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。