不動産ニュース / 団体・グループ

2022/11/15

全宅管理、累計入会会員が1万社突破

 (一社)全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)は15日、前身である賃貸不動産管理業協会も含めた累計入会会員数が1万会員を超えたと発表した。

 同協会は、2001年に創設の賃貸不動産管理業協会(賃管協)の後継団体として11年4月に発足した。前身の賃管協の発足から約20年を経て入会数の累計が1万社に届いたことになる。なお、廃業等によりすでに退会した会員もいるため、現在の実際の会員数は6,605社。

 同協会会長の佐々木 正勝氏は「令和3年6月に『賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律』が施行され、賃貸不動産管理業界は新たな局面を迎えました。貸し主に対する適切な管理業務の提案と実施、借り主が安心、安全に暮らすことのできる環境の提供が求められる中、各会員がそれぞれの地域に寄り添うことが地域価値の共創につながります。先の見えない新型コロナウイルス感染状況、ウクライナ情勢の悪化が続く中で、当協会では地域密着型の会員特性を生かしつつ、デジタル化社会に対応できる『人間力』向上のための施策を引き続き実施する所存です」とコメントを発表した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?