不動産ニュース / 団体・グループ

2022/11/21

レインズ新規登録、10ヵ月連続で前年比減

 (公財)不動産流通推進センターは21日、2022年10月の指定流通機構活用状況を公表した。

 同月の新規登録件数は37万1,910件(前年同月比13.0%減)と10ヵ月連続のマイナスで、2ヵ月連続の2ケタ減となった。成約報告件数は4万6,008件(同1.8%減)。総登録件数は86万1,737件(同415件増)と、わずかながら15ヵ月連続のプラスとなった。

 売り物件は、新規登録件数が11万3,385件(同4.4%減)と31ヵ月連続の減少。成約報告件数は1万5,606件(同6.1%減)と16ヵ月連続のマイナス。総登録件数は31万3,915件(同8.5%増)で5ヵ月連続増。

 賃貸物件の新規登録件数は25万8,525件(同16.3%減)と8ヵ月連続のマイナス。成約報告件数は3万402件(同0.6%増)で7ヵ月連続のプラス。総登録件数は54万7,822件(同4.2%減)と2ヵ月連続の減少となった。

 売り物件の取引態様別の物件数は、新規登録のうち媒介契約が7万6,391件(同13.9%増)。そのうち専属専任媒介は1万1,865件(同11.5%減)、専任媒介は3万9,357件(同7.7%減)、一般媒介は2万5,169件(同22.8%減)。売主は3万4,731件(同21.3%増)となった。
 成約報告では媒介契約が1万2,971件(同8.5%減)。うち専属専任媒介が2,694件(同13.5%減)、専任媒介が8,436件(同5.7%減)、一般媒介は1,841件(同12.9%減)となった。売主は2,573件(同8.0%増)。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

不動産流通推進センター

不動産業の近代化を推進するための組織で、1980(昭和55)年に設立された公益財団法人。 その主要な業務は、1.不動産流通市場の整備・近代化に対する支援(レインズの開発、価格査定マニュアル等の策定・...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。