不動産ニュース / IT・情報サービス

2022/11/30

三菱地所、スマートホームサービスの連携先拡大

 三菱地所(株)は30日、総合スマートホームサービス「HOMETACT(ホームタクト)」の連携先を拡大する。

 HOMETACTは、一つのスマホアプリやスマートスピーカーを使い、エアコンやテレビ、照明、カーテンといった複数メーカーの幅広いIoT機器をコントロールできる。三菱地所レジデンス(株)が開発する高品質賃貸マンション「ザ・パークハビオ」シリーズの4物件に導入済み。他社ディベロッパーや賃貸管理会社といったビジネスユーザーへのシステム提供もしている。

 今回は、(株)LIXIL、mui Lab(株)と、スマートホーム事業領域での提携に向けた基本合意書を締結。LIXILが提供するIoTホームリンク「Life Assist2」のホームデバイス(ECHONET Lite規格認証取得)が新たな連携機器に加わった。ホームデバイスがサポートする製品やECHONET Lite機器の操作・制御にHOMETACTも順次対応する。また、スマート分電盤等と連携したエネルギーマネジメント機能(HEMS)も新たに実装する予定。
 機能開発のみならず、HOMETACTのUI設計にmui Labが提唱する「カーム・テクノロジー」の理念を応用した「カームUI」の設計アプローチを取り入れ、アプリケーションとしての直感性や使いやすさを高める。

 また、DXYZ(株)(ディクシーズ)が提供する顔認証プラットフォーム「FreeiD(フリード)」とも連携。HOMETACTから登録ユーザー情報とFreeiDから登録した顔情報を連携し、HOMETACTの利用者が手軽にFreeiDを利用開始できる環境を整備した。DXYZの関係会社であるプロパティエージェント(株)が開発・管理するFreeiD導入のオール顔認証マンション「ヴァースクレイシアIDZ板橋本町アーバンレジデンス」(東京都板橋区)にHOMETACTを導入。三菱地所レジデンスが開発・管理する「ザ・パークハビオ」シリーズの「(仮称)ザ・パークハビオ 新栄」(名古屋市中区)には、HOMETACTとFreeiDを併せて導入する予定。

 三菱地所とDXYZは、顔認証プラットフォームFreeiDの技術を活用し、建物・施設やサービスごとに異なる顔認証サービスをワンストップで利用できる基盤「Machi Pass FACE」を共同で開発。丸の内エリアで実証事業を実施している。今後は、住宅領域でのMachi Passの展開も検討していく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

スマートハウス

家庭でのエネルギー消費を最適に制御するシステムを備えた住宅をいう。ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)によって家電、空調給湯設備、太...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。