不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/12/8

都心5区ビル空室率、2か月連続の低下

 三鬼商事(株)は8日、2022年11月の全国主要都市のオフィスビル最新市況調査結果を発表した。

 東京ビジネス地区(都心5区:千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)の平均空室率は6.38%(前月比0.06ポイント低下)と2ヵ月連続の低下。既存ビルの大型空室募集があったものの、新築ビルの成約が進み、同地区全体の空室面積は小幅に減少した。1坪当たりの平均賃料は2万81円(同33円下落)と28ヵ月連続で下落。

 新築ビルの空室率は、28.65%(同9.26ポイント低下)。新築ビル3棟が空室を残して竣工したが、竣工1年未満のビルに成約が見られ、空室率は低下した。既存ビルの空室率は、6.10%(同0.03ポイント上昇)。大型成約の動きも見られたが、募集開始の影響が大きく、空室率は小幅に上昇した。

 大阪ビジネス地区の平均空室率は5.04%(同0.08ポイント低下)。竣工1年未満のビルに成約が見られたほか、既存ビルの館内増床や拡張移転に伴う成約が見られた。解約の動きが少なかったことで、同エリアの空室面積はこの1ヵ月で約1,900坪減少した。

 新築ビルの空室率は23.95%(同2.87ポイント低下)、既存ビルは4.59%(同0.02ポイント低下)。1坪当たりの平均賃料は1万1,868円(同9円下落)となった。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年3月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
賃貸仲介・管理業の10年後
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/2/1

「海外トピックス」更新しました!

まるで動くマンション!いまRV市場が熱い【アメリカ】」配信しました。
アウトドア大国アメリカで近年売り上げを伸ばすのが、キャンピングカー(RV)。コロナ禍に伴うリモートワークの浸透や、インフレによる家賃高騰などを受け、幅広い世代でブームとなっている。現地ライターがその裏側を取材!