不動産ニュース / 開発・分譲

2022/12/19

東急不、川崎で初の木造+RC造学生レジ

「(仮称)キャンパスヴィレッジ生田」外観イメージ

 東急不動産(株)は19日、学生レジデンス「CAMPUS VILLAGE(キャンパスヴィレッジ)」シリーズにおいて、初となる木造+鉄筋コンクリート造の「(仮称)キャンパスヴィレッジ生田」(川崎市多摩区、総戸数130戸)の着工を発表した。

 キャンパスヴィレッジシリーズでは、学生が安心して暮らせるように、エントランス、各フロア、各居室等のトリプルセキュリティを採用し、有人管理、防犯カメラの設置、警備システムを導入。栄養士監修の健康に配慮した健康的な食事メニューを提供する。専有部では、家具や家電、 無料のインターネットを完備し新生活に必要な環境を整備している。運営は(株)学生情報センター。

 小田急小田原線「生田」駅徒歩9分の立地。敷地面積1,551.19平方メートル、延床面積3,197.37平方メートル、1・2階が鉄筋コンクリート造、3~6階が木造の地上6階建て。設計施工は三井ホーム(株)に委託した。

 木造+鉄筋コンクリート造を採用することで、建設時のCO2排出量を大幅に削減するとともに、木造建築の炭素貯蔵の効果による脱炭素化へ貢献する。また、建物の断熱性能を高め、専有部・共用部の各所で高効率・省エネルギー設備を採用しZEH-M Oriented認定の取得を予定している。

 外観ファサードには、出会いやつながりを連想させるクロスをモチーフとした木目調ルーバーをランダムに配置。内装の天井や壁面にも木調のデザインを取り入れ、温かみのある空間を創出する。共用部のカフェテリアでは、ベンチにもなるスキップフロアを採用し、学生同士の交流を促す。

 住戸の間取りはワンルーム、専有面積は15.94~16.70平方メートル。

 竣工および入居開始は2024年3月の予定。

 なお、東急不動産は、中期経営計画で掲げた「環境を起点とした事業機会の拡大」をより加速させていくため、着工ベースで25年度以降に開発する「キャンパスヴィレッジ」シリーズはすべてZEH水準とする予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

混構造建築物

異なる構造を併用している建物。木造、鉄筋コンクリート造、組積造などの併用がある。併用の方法に応じて構造が多様で、標準化が難しい。混構造建築物で一定規模以上のものは、建築基準法上、構造計算適合判定を必要とする。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。