不動産ニュース / ハウジング

2023/1/6

金融子会社が銀行代理業スタート/ミサワH

 ミサワホーム(株)は5日、100%出資する金融子会社のホームファーストファイナンス(株)(東京都新宿区、代表取締役:在川秀一氏、以下HFF)が、銀行代理業に参入し、住宅ローン商品を拡充すると発表した。

 HFFは、全期間固定金利のフラット35の取扱金融機関として、ミサワホームのオーナーを対象に「フラット35(買取型)」を提供してきた。このほど、さらなるサービス向上を目的に、(株)三菱UFJ銀行、住信SBIネット銀行(株)と銀行代理業委託契約を締結。両銀行の住宅ローン(変動・期間固定・全期間固定選択)の取り扱いを開始した。

 これにより、住宅ローン商品の品揃え拡充やワンストップサービス体制を強化。顧客のニーズや状況に応じた最適な住宅ローンを提供できる体制を構築する。
 市場ニーズに合わせたリース商品や保険商品の提供等、金融分野での提案メニューの拡充を図ることで、顧客満足度の向上と事業領域の拡大を目指していく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

住宅ローン

個人に対する住宅資金の融資をいう。主として民間の金融機関が担っているが、その円滑な実施などのため、(独)住宅金融支援機構(住宅金融公庫の廃止後、その機能の一部を引き継いだ組織)と連携することが多い。

続きはR.E.wordsへ

動画でチラ見!

月刊不動産流通2023年12月号

雑誌の詳細はこちらから

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地場の事業者が語り合う
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/12/1

「海外トピックス」更新しました。

老朽化した公共施設の一時利用進む【フランス】」配信しました。
近年のフランスでは、公共施設の老朽化に伴う再開発が活発です。ただ、建設を始めるまでには時間を要します。その間、建物を無駄にしておくのはもったいないと、住宅やイベント会場などさまざまな用途で有効活用する取り組みが増えつつあります。