不動産ニュース / 開発・分譲

2023/1/10

HARUMI FLAG、4月にタワマンのモデルルーム公開

「HARUMI FLAG SKY DUO」外観完成予想CG

 三井不動産レジデンシャル(株)をはじめとするディベロッパー10社(※)は10日、2棟のタワーマンション「HARUMI FLAG SKY DUO」(東京都中央区)の物件概要を発表した。

 HARUMI FLAGのまちの中心となるエリア。「SUN VILLAGE」と「PARK VILLAGE」の2街区の間の通りを中心軸に、シンメトリーなデザインのツインタワーマンション(第二工区)を建設する。

 SUN VILLAGE(総敷地面積3万7,441.27平方メートル)に位置する棟は、総戸数は733戸。PARK VILLAGE(総敷地面積3万5,175.79平方メートル)に位置する棟は、総戸数722戸。いずれも鉄筋コンクリート造地上50階地下1階建て。
 遠景でも高い視認性を持つ立地であることから、デザイン・意匠にもこだわり、2棟で一体となる外観デザインを採用。エントランスは2棟吹き抜けで天井高約8mを確保する。

 専有部の間取りは1LDK~3LDK、専有面積は47.74~161.12平方メートル。リビング・ダイニングの天井高は約2,600mmとし、廊下の有効幅も約1,000mm。サッシュ高も約2,100mmと、開放感のある設計としている。また蓄電池とエネファームを全住戸に設置するほか、49・50階のプレミアム住戸には全館空調システムを採用する。

 それぞれ48階には展望台となるラウンジを設置。HARUMI FLAGの分譲街区の入居者が利用できるようにする。

 4月上旬よりモデルルームを公開、第1期販売開始を6月下旬に実施する計画。竣工・入居開始は2025年秋の予定。

 なお、22年9~11月の販売状況についても公表した。SUN VILLAGE第2期2次およびPARK VILLAGE第2期2次併せて230戸を販売。全戸に申し込みを受け、登録申し込み数は6,959組。最高倍率は191倍、平均倍率約30.2倍。

※三井不動産レジデンシャル(代表会社)、三菱地所レジデンス(株)、野村不動産(株)、住友不動産(株)、住友商事(株)、東急不動産(株)、東京建物(株)、NTT都市開発(株)、日鉄興和不動産(株)、大和ハウス工業(株)

SUN VILLAGEの棟48階に開設するスカイラウンジの完成予想CG
PARK VILLAGEの棟48階に開設するサニーラウンジの完成予想CG

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?