不動産ニュース / 調査・統計データ

2023/1/11

景気DI、不動産は2ヵ月ぶりに悪化/TDB

 (株)帝国データバンク(TDB)は11日、2022年12月の「TDB景気動向調査」結果を発表した。有効回答数は1万1,680社。

 同月の景気DI(0~100、50が判断の分かれ目)は43.0(前月比0.1ポイント減)と、小幅ながら5ヵ月ぶりに悪化した。電気・ガスなどのライフラインや食品を含む生活必需品の価格上昇、原材料価格の高止まり等がマイナス要因。半導体不足や、新型コロナウイルス新規感染者数の急増も下押し要因となった。一方、全国旅行支援の継続やインバウンド消費等は好材料となり、観光産業の景況感は上向き。IT投資需要も好調を継続。結果、10業界中6業界、5業種中33業種が悪化した。

 「不動産」は44.8(同0.8ポイント減)と2ヵ月ぶりに悪化。「不動産価格は高値安定しており取引も旺盛」(貸家)という声もある一方、「住宅の着工数が減少している」(貸事務所)や、「建築費の高騰と土地の値上がりにより、売れ行きが悪くなっている。日銀の利上げによる住宅ローン金利が上がることなど心配」(建物売買)といった懸念の声も広がっている。

 22年以降、回復基調だった「建設」も、44.6(同0.3ポイント減)と8ヵ月ぶりに悪化した。

 先行きについては、「若者の投資人気が継続し、不動産に対しても不労所得の対象となると見込まれる」(不動産代理・仲介)といった前向きな意見と「23年4月以降、金利上昇局面に入り、住宅ローン金利が上がる」(不動産代理・仲介)という不安視する声があった。同社では、このほかにもテナントの空室増など、下押しの要因は多いと指摘する。

 国内景気全体は、実質利上げの影響や海外経済情勢等に左右されながら、おおむね横ばい傾向での推移が予測される。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

住宅ローン金利

住宅の建設、購入、改修のために資金を借りたときに、その借入金(住宅ローン)の残高に対して負担する利息の割合。一般に年利率で表記される。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。