不動産ニュース / 調査・統計データ

2023/2/1

22年末時点の全国の分譲Mストックは751万戸

 (株)東京カンテイは31日、全国の分譲マンションストック数に関する調査の結果を公表した。同社データベースに登録されている区分所有の分譲マンションの数を集計した。

 2022年末時点での全国の分譲マンションストック数は751万1,510戸。このうち築10年以内は119万7,305戸で全ストックに占めるシェアは15.9%となった。一方、築30年超のストックは280万1,536戸で、シェアは37.3%となった。

 都道府県別に最もストックが多いのは東京都で、総数は197万7,984戸。次いで神奈川県が100万2,729戸と、100万戸の大台を突破した。3位は大阪府が86万1,157戸となった。また今回、初めて築30年超のストック割合が50%を超える県が出てきた。新潟県の築30超シェアは51.9%、和歌山県が54.1%、山梨県が54.7%となった。同社では「新潟が越後湯沢、和歌山は南紀白浜、山梨は山中湖周辺と、いずれの県もバブル期にリゾートマンションが大量供給された地域。その後の供給が伸び悩んだことから、地域内のマンションストックの経年が進んでいる」と分析する。

 全国主要行政区別のストック戸数は、東京都江東区が12万9,008戸で最多。江東区は築30年超のシェアが29.4%と比較的低く、築10年以内シェアが25.4%と比較的高いことから、近年もコンスタントに供給されていることがうかがえる。2番目にストックが多いのは同世田谷区で11万2,065戸、以下同大田区10万9,790戸、同港区10万5,657戸、同新宿区10万534戸と、上位5自治体が10万戸を超えた。東京都以外で最も多かったのは11番目の千葉県船橋市で6万9,267戸だった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。