不動産ニュース / 開発・分譲

2023/3/3

「DPL仙台利府II」を着工

マルチテナント型物流施設「DPL仙台利府II」外観イメージ

 大和ハウス工業(株)は1日、マルチテナント型物流施設「DPL仙台利府II」(宮城県宮城郡)を着工した。

 東北自動車道「富谷」JCTと三陸自動車道「利府」JCTを結ぶ、仙台北部道路「利府しらかし台」ICから約1kmに立地。JR「仙台」駅から17km、「仙台港」から約14km、「仙台空港」から約31kmと、陸・海・経路の輸送拠点へのアクセス性に優れる。敷地面積約1万6,154平方メートル。鉄骨造地上2階建て、延床面積約2万982平方メートル。1区画約2,850平方メートルから入居可能で、最大4テナントに対応。2階に直接アクセスが可能なスロープを用意する。

 2024年3月31日竣工、同年4月1日入居開始の予定。

 同社はこれまで同県において約11棟・総延床面積約23万平方メートルの物流施設開発を手掛けており、同物件の隣接地では22年3月に「DPL仙台利府I」を竣工。すでに満床となっている。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

スロープ

一般には傾斜を表し、建築学上では「斜路」をいう。廊下や通路の高低差は普通階段で処理するが、身体障害者が車椅子等で通行できるよう傾斜で処理する。不特定多数が利用する公共施設やホテル、ビルなどにはハートビル法等でスロープの設置が義務付けられている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。