不動産ニュース / 開発・分譲

2023/3/3

「インフラゼロでも暮らせる家」実用化に向け実証

「ゼロ・プロジェクト」の提案イメージ

 (株)MUJI HOUSEは2日、「インフラゼロでも暮らせる家」の実用化に向けた実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始すると発表した。

 エネルギーや生活水などを既存のライフラインに依存しないモバイルユニットを組み合わせることで、インフラが整っていない場所でも暮らせる「移動式住宅」の開発を目指すプロジェクト。例えば、屋根や壁と一体型になる太陽光発電や、蓄電池・水循環システム等を備えるといったアイディアを用いる。

 「インフラ・ゼロ」だけでなく、「カーボン・ゼロ」、取得したエネルギーの効率的な利用や廃棄・排泄物の処理コストをかけないことで生活に必要なエネルギーコストをゼロにする「リビングコスト・ゼロ」、移動式住宅により災害リスクを回避する「災害リスクゼロ」も目標とする計画。4つのゼロの実現に向け、社会インフラ領域のイノベーション推進等を目指すU3イノベーションズ(合)(東京都港区、共同代表:竹内純子氏・伊藤剛氏)、発電機能等を備えた屋根を開発する(株)モノクロームと連携する。

 3月からプロトタイプの開発を開始、9月に実験をスタートし、2024年以降実用化に向けての検証を行なう。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。