不動産ニュース / 開発・分譲

2023/4/26

「グランフロント大阪」、まちびらき10周年

「グランフロント大阪」外観

 (一社)グランフロント大阪TMOが開発・運営する大規模複合施設「グランフロント大阪」(大阪市北区)が26日、まちびらき10周年を迎えた。

 同施設は、住宅・オフィス・ホテルのほか、まちの中核機能である知的創造拠点「ナレッジキャピタル」、都心の駅直結型施設としては国内最大級の約260店舗が揃う「ショップ&レストラン」という5つの機能と、うめきた広場やナレッジプラザといったパブリックスペースで構成する。

 2023年3月時点で累計来場者数は4億7,000万人を突破。ショップ&レストランの店舗数は約260店舗、22年度の売上は423億円(前年比37%増)を記録した。春の大相撲「うめきた場所」、冬の「GRAND WISH CHRISTMAS」といったエリアイベントの開催にも注力。累計イベント開催数は1万1,300回以上に及び、うめきたエリアのにぎわい創出に寄与してきた。

 ナレッジキャピタルには、企業・研究機関・大学など139団体が参画。年間100を超える会員向けイベントを実施し、海外からの視察数は87ヵ国498団体と、イノベーション創出の先行事例として世界から注目を集めるまでに成長した。

 10周年を機に、ショップ&レストランのリニューアルを実施。売場面積が関西最大級となる「無印良品」や「THE NORTH FACE」「KEYUCA」等の旗艦店、関西初出店の「Classico」など、今春から秋にかけて23店舗が新たに開業する。

 24年にはうめきた2期地区開発事業「グラングリーン大阪」の先行まちびらきが、25年には「大阪・関西万博」が控え、これまで以上にうめきたエリアに注目が集まる。今後も多様な人々を巻き込み、同施設の発展、ひいてはうめきたエリア全体のさらなる価値向上を目指していく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2024年1月号
十社十色の成功事例
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/12/5

月刊不動産流通2024年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通」2024年1月号、本日発売となりました!

今回は、毎年1月号の恒例企画、特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2024」を掲載。地元での認知度が高く、成長を続けている不動産事業者はどのような戦略で、どういった取り組みを行なっているのか…、全国各地10社を取材しました!「米軍人の住宅仲介に特化し、軍艦到着時には行列ができる事業者」や「風営法許可申請のサポート等、テナントが入居・退去する際に手厚いフォローを行なう事業者」、「社長出演の物件紹介動画で、内覧後の歩留まりを5割アップした事業者」など、各社それぞれのカラーで奮闘しています。