不動産ニュース / IT・情報サービス

2023/5/2

LIXIL、AIで建築資材の需要を予測

 (株)LIXILはこのほど、建材事業において、AI需要予測の試験運用を開始したと発表。

 同社では、多品種の生産基盤を構築し、事業生産性やブランド競争力向上に取り組んできた。しかし、資材調達リスクやコンテナ不足など世界的なサプライチェーンに関する問題が発生する中で、多岐にわたる製品コードを人力で需要予測するのは困難になってきた。そこで、調達・製造・販売までの各プロセスにおける状況を把握し、在庫管理や業務運営の効率化などサプライチェーン全体の最適化に向けた取り組みの一環で、AI需要予測ソリューションの導入を決めた。

 導入したのは、PwCコンサルティング合同会社が提供する、AI・機械学習アルゴリズムを用いた次世代型需要予測ソリューション「Multidimensional Demand Forecasting」。2022年9月より、ハウジングテクノロジー事業の約半数を占める既存製品の予測値を先行展開。23年1月には、これまで予測できなかったモデルチェンジ品にも対応し、同事業のほぼすべての製品をカバーする予測値の算出が可能となった。

 同事業では製品で約120万機種、販売エリア別に展開したSKU(単品管理)で230万を超え、細かい粒度で需要の動きや特徴を捉えることを難しかったが、AI需要予測を導入したことで、230万の予測対象一つひとつで高解像度かつ高精度な予測算出が可能となった。また、膨大な予測データを提供する環境構築には、同社がさまざまなデータを一元管理するクラウド型のデータ統合基盤「LIXIL Data Platform」を採用。各工場でデータ活用の自動化を促すためのデジタルスキル支援も並行して進め、多くの工場でサプライチェーンリスク(欠品・リードタイム延長・過剰在庫・廃棄コスト等)低減に向けた実用化レベルの取り組みを推進している。

 今後は製品だけでなく副資材等も含め、需要予測の対象領域を拡大していく考え。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。