不動産ニュース / その他

2023/5/15

不動産建設データ活用推進協会が設立総会

 (一社)不動産建設データ活用推進協会(東京都中央区、代表理事:桜井 駿氏((株)デジタルベースキャピタル代表パートナー))は12日、設立総会および事業説明会を開催した。

 不動産、建設業界では、AI、IoT、ブロックチェーンといったテクノロジーの活用や、DXによる事業改革が着々と進んでいる。そこで、重要なテーマとなるのが「データ活用の推進」「デジタル人材育成」であると考え、その取り組みを行なうことを目的に同協会の設立に至った。

 冒頭、同協会顧問の青木由行氏(前国土交通省不動産・建設経済局長)が挨拶。「不動産・建設業界は、デジタル化と相性が悪いと言われたときもあったが、各社がデータ化の推進と人材育成に取り組んだ結果、ここ数年で先進的な事例も出てきた。皆さんと一緒に汗をかき、見える景色をさらに変えていきたい」と述べた。

 同協会は、一般会員、特別会員、賛助会員と政策アドバイザーで構成。
 不動産会社や建設会社の業界間・異業種間連携、スタートアップ・IT企業との連携によるデータ活用を推進する。データ活用事例の共有や、エンジニア向けのデータコンペ、ハッカソンなど各種勉強会などを行なう。また、会員ニーズに応じて特定のテーマに特化した委員会を設置。すでに「広報委員会」「出版委員会」「データコンペ委員会」の設置が決定しており、年間で5つ程度の委員会活動を実施していく考え。

 代表理事の桜井氏は、「4月末時点での会員数は約30社、手続き中の会員を合わせると70社にのぼる。当面の目標として100社の入会を目指す。また、地方企業からの問い合わせも多く、すでに地域の不動産会社や建設会社、ディベロッパー、信託銀行などが会員に名を連ねている。横のつながりを強化し、エンドユーザーの利便性と付加価値の向上につながるデータ活用、人材育成を業界一丸となって推進していく」と抱負を語った。

「横のつながりを強化し、エンドユーザーの利便性と付加価値を向上させるデータ活用、人材育成を業界一丸となって推進していく」と抱負を述べた桜井代表理事
「皆さんと汗をかき、見える景色をさらに変えていきたい」と挨拶した青木顧問

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

ブロックチェーン

情報技術の一つで、取引記録を一定の単位(ブロック)にまとめた上で、その正当性を証する情報とともに取引の履歴に付け加え(チェーン化)、それをネットワーク内で合意・共有して検証可能にする分散的な情報管理手法をいう。英語でBlock chain。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。