不動産ニュース / 仲介・管理

2023/5/25

管理物件に防災備蓄品を用意、周辺企業に提供へ

「THE SOKO錦町」内観
一人分を防災備蓄品をナップザックに収納

 安田不動産(株)は25日、防災備蓄品を共同保有する仕組み「あんしんストック」を提供する(株)Laspy(東京都千代田区、代表取締役社長:薮原拓人氏)と連携し、オフィステナント向けの防災備蓄サービス「THE SOKO錦町」の提供を開始したと発表。

 同社が手掛ける神田錦町エリアのエリアマネジメントの取り組みの一環。同エリアに所在する管理ビルの地下1階に、サービス運営者であるLaspyが「THE SOKO錦町」専用倉庫スペースを開設。このスペース内のロッカーに防災備蓄品を用意し、有事の際は、エリア内のオフィスビルのテナント向けに提供する。備蓄品は3日分の食糧、水、簡易トイレ、ブランケット。賞味期限や棚卸等の管理、備蓄入れ替え等もLaspyが担う。

 これによりテナントは、自社の業務スペースを使用することなく防災備蓄品を用意でき、かつ疎かになりがちな長期保存食の管理に悩まされることもなくなる。

 なお、備蓄食品は、賞味期限終了の6ヵ月前頃に、こども食堂やひとり親支援団体、フードバンクなど物資を必要とする団体に寄付。フードロス削減にもつなげる。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。