不動産ニュース / 団体・グループ

2023/5/26

千葉宅協が総会。今年度少額短期保険会社設立へ

「今年度、少額短期保険会社を設立する。その会社の経営基盤の強化を図っていきたい」と述べる髙﨑会長

 (一社)千葉県宅地建物取引業協会は26日、ホテルニューオータニ幕張(千葉市美浜区)で定時総会を開催した。

 2022年度の事業報告を実施し、収支決算を承認。23年度の事業計画、予算の承認も行なわれた。
 23年度の事業計画については、例年取り組んでいる事業のほか、全宅連新流通システム等の普及と利用促進を進めるとした。また会員支援を目的に少額短期保険会社を設立。同社の代理店制度と取り扱い保険商品を会員に周知し事業を推進することで、経営基盤の強化を図る予定。

 総会終了後の懇親会で挨拶に立った髙﨑正雄氏は、「4年ぶりに懇親会が開催できることを嬉しく思う。人口減少に伴い、空き家が増え続けており、空き家居住支援対策の担い手として果たすべき役割が大きくなってきている。全宅連と連携し、要望活動や政策提言にも力を入れていきたい。また会員支援を目的に少額短期保険会社を今年度設立するので、まずはその会社の経営基盤の強化を図っていきたい」と述べた。

この記事の用語

業界団体

産業ごとに結成されている同業種の集まり。その産業の発展のために、研修の実施、会員の規律の維持、社会的理解の促進、行政庁との連絡調整などの活動に当たっている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。