不動産ニュース / 開発・分譲

2023/7/5

シアトル近郊で賃貸用集合住宅を開発/住林他

「Alexan Shoreline」外観イメージ

 住友林業(株)、芙蓉総合リース(株)、小田急電鉄(株)は5日、米国の大手ディベロッパーTrammell Crow Residential(以下、「TCR」)と共同で、米国ワシントン州ショアライン市で賃貸用集合住宅「Alexan Shoreline」(総戸数298戸)を開発すると発表した。

 住友林業の子会社SFA MF Holdings、芙蓉総合リースの子会社Fuyo General Lease(USA)Inc.、小田急電鉄の子会社Odakyu USA Inc.が組成したJVとTCRが共同出資する特別目的会社(SPC)が開発主体となる。プロジェクト組成の取りまとめおよび参画企業との調整は、住友林業の子会社であるSFCアセットマネジメント(株)が担う。

 物件は、2024年開設予定のShoreline North/185th駅より徒歩1分に立地。建物面積約2万6,200平方メートル、鉄筋コンクリート造・木造地上8階地下2階建て。4~8階に木造ツーバイフォー工法を採用するなど脱炭素化に取り組み、環境認証LEEDプラチナ認証の取得を目指す。

 着工は23年11月、竣工は26年9月の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

2×4(ツーバイフォー)工法

北米で生まれた木造建築の工法。わが国における正式名称は「枠組壁工法」である。 断面が2インチ×4インチの木材を使用することから、このような名称が付けられた。このツーバイフォー工法の最大の特徴は、木材で組んだ「枠組」に構造用合板を打ち付けることで、構造全体の強度を得ることである。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。