不動産ニュース / 開発・分譲

2023/7/6

NYで築113年の建物を再生/サンフロンティア

「437 West 46th Street NY」外観イメージ
「437 West 46th Street NY」内観イメージ

 サンフロンティア不動産(株)は5日、米国ニューヨークで手掛けるリプランニング(不動産再生)物件「437 West 46th Street NY」(総戸数20戸)の概要を発表した。

 同社は2018年12月に現地法人サンフロンティアニューヨークを設立。マンハッタンを中心に不動産再生事業を展開し、これまで複数の建物を取得・再生、日本人投資家を対象に販売してきた。 

 同物件は、築113年の建物を収益アパートメントとしてリノベーションしたもの。タイムズスクエアに隣接し、若いエグゼクティブ(高所得者)が選ぶ「マンハッタンで一番住みたいエリア」である飲食店街・ヘルズキッチンに所在する。敷地面積約241平方メートル、延床面積約872平方メートル、レンガ造地上5階地下1階建て。

 住戸は1ベッドルーム13戸、2ベッドルーム7戸で、専有面積は32.5~41.8平方メートル。「マンハッタンは圧倒的な“貸し手市場”で、雨漏りがあったり、床に傾斜があったりと、物件のクオリティは必ずしも高くない。これらを補修しなくても満室にすることは可能だったが、ローカルの入居者に良好な住環境を提供することも当社の使命だと考え、内装・設備にはこだわった」(同社執行役員リプランニング事業統括・小田修平氏)。傾斜のある床面を平らに補修したほか、水回り設備には日本製の温水洗浄便座やナノバブルのシャワーヘッド等を導入、快適性を高めた。また、ニューヨークのリプランニング物件としては初めて、ファサード工事を実施。全面にレンガを張り付け、趣のある外観とした。

 順次、各住戸のリノベーションを実施しており、全体竣工は2023年11月を予定。同年12月には投資家へと引き渡す計画。販売価格は29億7,000万円。想定年間収入は約1億2,085万円、年間支出は約4,070万円、年間収益は(NOI)は約8,015万円(※)。

 「米国は人口・GDP・住宅価格いずれも成長を続けており、投資家にとって魅力的な市場である一方で、日本人が英語圏で不動産契約を交わすのはハードルが高い。その中で、日本企業である当社が売り主であるという安心感は訴求ポイントになると思っている。今後もマンハッタンを中心に事業を展開する計画で、玄関に段差を設けシューズクロークを設けたプランなど設備もさらに工夫していきたい」(小田氏)。

※1ドル=135円換算

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。