不動産ニュース / 団体・グループ

2023/7/18

3年ぶりの黒字決算に/東京不動産健保

「3年ぶりの黒字決算だが、まだまだ油断はできない」と気を引き締める桃野理事長

 東京不動産業健康保険組合は14日、2022年度の決算組合会を開き、同年度決算を報告した。対面での開催は4年ぶり。

 同年度は、被保険者数・平均標準報酬額額・賞与支給月数といった基礎数値が過去最高を記録。積極的な編入活動で、15社が新規加入。滞納保険料の回収などで健康保険収入を約666億円(前年度比4.7%増)まで拡大した。高齢者納付金等の納付金も約272億円(同4.9%減)にとどまり、支出は約639億円(同31.4%減)。最終的な経常収支は約17億9,000万円の黒字と、3年ぶりの黒字決算となった。

 平均被保険者数は13万1,280人(前年度比3,546人増)と、2年ぶりに増加。平均標準報酬月額は39万1,084円(同1,103円増)。賞与支給月数も、予算1.90ヵ月に対し決算では2.62ヵ月と伸びたことも収入増に貢献した。

 組合会後の懇親会で挨拶した桃野直樹理事長は「コロナ禍が終焉し、組合員の皆さまや職員の努力もあり、3年ぶりの経常黒字を達成できた。ただ、油断はできない。少子化は進行し、高齢社会となる中で、介護保険費用は積み重なっていくばかりであり、黒字安定経営というわけにはいかない。今後も、組合役職員が知恵を出し合い、不動産業界で働く人たちの健康を守るという任務に邁進したい」などと抱負を語った。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。