不動産ニュース / その他

2023/7/18

サブリース事業の適正な発展を目指す

「さまざまな課題をクリアしていきながら、ますます信頼と信用を得られるような業界団体にしていかなくてはならない」と挨拶した中村会長

 (公財)日本賃貸住宅管理協会のサブリース事業者協議会は14日、第15回通常総会を開催。2023年度の事業計画や収支予算等を決議した。

 総会の冒頭、同協議会会長の中村和彦氏(住友林業レジデンシャル(株)顧問)が挨拶。「サブリース業界を取り巻く環境は大きく変化しているが、それはわれわれ事業者に期待が寄せられている証左。発展途上の過程の中で、さまざまな課題をクリアしていきながら、ますます信頼と信用を得られるような業界団体にしていかなくてはならない」と述べた。

 同協会直前会長の末永照雄氏は、「インボイス制度の開始、リース会計基準の改正など、業界には課題が山積しているが、サブリース事業者唯一の業界団体として、力を合わせて問題に挑み業界を盛り上げていきたい」と話した。

 23年度は、重点研究テーマとして、(1)賃貸住宅管理業法の普及・推進、(2)賃貸住宅管理業法の研究、(3)サブリース事業における業務の研究、(4)企業会計基準の改定に向けた研究、(5)サブリースに係る各種法令順守の依頼を実施。長期継続テーマとして、地方におけるサブリース事業のあり方も研究していく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

サブリース

賃借人が第三者にさらに賃貸することであるが、特に、住宅の管理を手がける事業者が賃貸住宅の所有者から住宅を一括して賃借し、それを入居者にさらに賃貸するという賃貸住宅経営の方法をいうことが多い。この場合、一括して賃借する事業者を、サブリース事業者または特定転貸事業者という。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。