不動産ニュース / 開発・分譲

2023/8/2

東建、南浦和駅前の定借マンションが人気に

「ブリリア南浦和」完成予想モデル

 東京建物(株)は、定期借地権付き分譲マンション「ブリリア南浦和」(さいたま市南区、総戸数70戸(一般分譲59戸))の1期1次28戸の販売を6月末に実施。約8割の住戸に登録申込があった。駅ロータリー隣接という立地、JR京浜東北線始発駅最寄り、学習塾や人気の学校が集中する文教エリア、定期借地権分譲による値ごろ感等が評価され、地元在住の賃貸居住ファミリー層を中心に人気を集めた。

 同物件は、JR京浜東北線「南浦和」駅徒歩2分に立地する、鉄筋コンクリート造地上15階建ての分譲マンション。建設地は個人オーナー所有の駐車場跡地で、四方接道。同社が2095年2月末まで借り上げ事業化した。東側が駅前ロータリーに接し、道路を挟んだ西側に百貨店が隣接する。

 住戸は1フロア5戸で、2LDK1スパン、3LDK4スパン。専有面積は約58~74平方メートル。全戸が南東向き。ZEH-M Orineted仕様で全窓が二重サッシ。直床二重天井、天井高2,500mm。床暖房、食洗器などが標準。

 4月上旬にホームページを開設し、これまでのエントリー数は900件超。モデルルームを6月上旬にオープン。200組超の来場を集めている。1期28戸は坪単価約310万円。現在先着順受付中の6戸は、5,299万~6,899万円。登録申込者の6割が地元南区在住。隣接する浦和区、大宮区、川口市など京浜東北線沿いの在住者含め7割。地元賃貸住宅住まいのファミリー、プレファミリー層、実家があるなど地縁のあるユーザーが大半を占めている。

モデルルーム(3LDK、専有面積74平方メートル)
リビング隣接の収納をワークスペースへ改修した提案

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

ZEH

年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量がおおむねゼロ以下となる住宅。ZEHは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称で、和製英語である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。