不動産ニュース / その他

2023/8/4

ポジティブ・インパクト・ファイナンス契約を締結

 サンフロンティア不動産(株)はこのほど、あおぞら銀行との間で、同行が提供する自行評価型サステナブルファイナンスあおぞらESGフレームワークローンに基づく「あおぞらポジティブ・インパクト・ファイナンス」の契約を締結したと発表。

 ポジティブ・インパクト・ファイナンスとは、国連環境計画・金融イニシアティブが策定したポジティブ・インパクト金融原則、および同実施ガイドラインに基づき、企業活動が環境・社会・経済に及ぼすインパクトを包括的に分析・評価し、ポジティブな影響を与える活動を継続的に支援することを目的とした融資の仕組み。

 今回契約を締結したローンの組成額は6億9,000万円。ポジティブ・インパクト・ファイナンスに掲げる目標とKPIについては、不動産再生事業によるビルの経済的耐用年数の延長では、KPIは経済的耐用年数30%以上延長、不動産再生の推進による二酸化炭素排出量の抑制では、ビルの建て替え工事と比較した二酸化炭素排出量平均12%以上抑制など。

この記事の用語

ESG投資原則

投資に当たって、環境(environment)、社会(social)、企業統治(governance)に配慮している企業を重視・選別する原則。投資先の評価において、財務指標のみでなく、環境、社会、企業...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。