不動産ニュース / 開発・分譲

2023/8/29

西宮北口エリアの大規模開発が完了/阪急電鉄他

「阪急西宮ガーデンズ プラス館」外観

 阪急電鉄(株)と阪急阪神不動産(株)は28日、複合施設「阪急西宮ガーデンズ プラス館」(兵庫県西宮市)を9月21日に開業すると発表した。

 阪急電鉄「西宮北口」の南東エリアでは、2008年に阪急西宮ガーデンズの本館がオープン。18年秋には別館とゲート館を増設しており、今回のプラス館の開業をもって同エリアでの大規模開発が完了する。

 「阪急西宮ガーデンズ プラス館」は、阪急電鉄「西宮北口」駅より徒歩3分に位置。周辺施設との回遊性を高めるため、3階部分で歩行者デッキに接続している。敷地面積約2,980平方メートル、延床面積約1万8,330平方メートル、鉄筋コンクリート造地上14階建て。
 1・3階には、にぎわいを創出する飲食・サービス店舗や医療機関などを誘致。4~9階では、教育施設・健診センター・金融機関などのテナントのほか、サテライトオフィス「阪急阪神ONS西宮北口」や、不動産総合案内所「阪急阪神すまいのギャラリー」が出店する。10~14階は、賃貸マンション「ジオエント西宮北口」(総戸数112戸)とし、9月25日より入居を開始する。

 環境保全に向けた取り組みも実施。2階東側外壁を壁面緑化とし、再生可能エネルギー由来の電力を導入。間伐材を利用した家具やリサイクルカーペットなど、環境配慮型製品も活用している。

この記事の用語

サテライトオフィス

本拠地から離れた場所に設置する小規模な事務所。サテライト(satellite)は「衛星」を意味する英語であるが、サテライトオフィスは和製英語である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。