不動産ニュース / 開発・分譲

2023/9/8

米国・デンバーで純木造の賃貸住宅/住林、中央日土地

純木造賃貸用集合住宅の完成イメージ

  住友林業(株)と中央日本土地建物(株)は7日、米国コロラド州デンバー近郊で、純木造賃貸用集合住宅(総戸数353戸)を開発すると発表した。両社の協業は、米国ワシントン州シアトル近郊での賃貸住宅開発に続き2件目。

 今回のプロジェクトは、米国大手ディベロッパーTrammellCrow Residential(以下、TCR)との共同開発。住友林業の子会社SFA MF Holdings、中央日本土地建物の子会社Chuo-NittochiⅠLLCが組成したJVとTCRが共同出資する特別目的会社(SPC)が開発主体となる。住友林業の子会社SFCアセットマネジメント(株)が同プロジェクトの組成をとりまとめ、参画企業との調整を行なっていく。

 建設地はデンバー中心部から北に約16kmのノースグレン市。テクノロジー、医療、金融関連企業が集積したブルームフィールド市まで車で15分、デンバー中心部まで20分、デンバー国際空港まで30分の場所に位置する。旅客電車やバスの利用もでき、交通利便性が高く、周辺は人口増加が続く住宅需要が旺盛なエリア。

 同物件は、5階建ての純木造建築で、賃貸床面積3万1,000平方メートル。戸建住宅と同様の2×4材や2×6材の規格品を用いた木造枠組壁工法を採用する。鉄筋コンクリート造と比較してコストを抑制。内装にも木材を使用し、木質感のある高品質な住居を提供する。多くの木材を活用することで、脱炭素社会への貢献を図っていく。
 共用施設は、フィットネスセンター、コワーキングスペース、スカイラウンジなどを用意。緑あふれるランドスケープで、丘の上に位置する敷地からはロッキー山脈を望む眺望を楽しむことができる。

 着工は2023年10月、賃貸開始は25年6月の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。