不動産ニュース / 調査・統計データ

2023/9/27

トランクルーム市場、30年には1,123億円規模に

 エリアリンク(株)は、国内のトランクルーム市場の実態調査を実施。27日に結果を公表した。

 在宅ワークの増加や家にいる時間が長くなったことから、自宅の整理整頓や荷物の一時保険場所としてトランクルームの需要が増加している。そこで、トランクルーム市場を把握するため調査を行なった。調査対象は全国のトランクルーム事業者で、トランクルーム市場規模の推移等を聞いた。調査期間は2023年6~9月。

 これによると、22年(実績)の市場規模は売上高747億円(前年比6.0%増)だった。物件数では1万3,200件、室数は56万9,800室だった。

 今後も年4~5%程度の市場規模の拡大が予想され、28年には売上高1,000億円を突破。30年には売上高1,123億円(22年の1.5倍)まで拡大し、物件数は1万7,800件、室数は86万室まで増加すると見込んでいる。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/24

記者の目を公開しました

人身売買被害者からホテル経営者へ(前編)~どん底生活からのアメリカンドリームストーリー」を更新しました。
インドで生まれたPareshkumar Patel氏。10代で人身売買被害にあった過去を持つが、なんと今では多数のホテルを所有し成功を収めるなどアメリカンドリームをつかみ取った。
コンテナに押し込められいつ買われるのかとおびえる日々から、どのようにして大逆転を果たしたのか。半生を振り返る。