不動産ニュース / その他

2023/10/23

DX推進へ、グーグル等4社と協働/ミラース

 MIRARTHホールディングスは23日、グーグル・クラウド・ジャパン(同)、(株)セールスフォース・ジャパン、ソフトバンク(株)、インキュデータ(株)の4社それぞれと、DX推進協働体制を構築したことを発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大、社会のデジタル化進展、社会課題に対する企業責任の高まりなどの環境変化により、企業にはこれまで以上にステークホルダーとの協働や地球環境への貢献を重視した経営が求められている。そこで、4社のテクノロジーの活用、パートナー企業との連携を通じて、テクノロジーリフレッシュとイノベーション推進を目指していく。

 同取り組みにおいては、同社が策定した「DXポリシー」における「Innovation(I)」「Synergy(S)」「Managed-Inftastructure(M)」「Co-creatiion(C)」の4つを軸に、新たに「“MIRARTH”流の働き方のデジタル化 4つのシンカ」「Degital変革から、DNA変革へ“D”から始まり“D”で終わる」「MIRARTH HOLDINGS_DX×サステナビリティ・地域創生 Su Misura,MiraiとEarthに」の3つのキーワードを設定し、活動を進める。

 「I」においては、デジタルテクノロジーを活用した顧客接点の再考と改革並びにデジタルマーケティングの強化を図り、グループ全体でのデータの民主化を推し進める。「S」では、企業情報システムのフルクラウド化の推進とデータサイロの解消、ホールディングス化に伴うグループのシステム基盤のクラウド上への移行・統合を進める。「M」では、スマートデバイス等を活用し、社員のコミュニケーションとコラボレーションの改革を図る。「C」では、中期経営計画および中長期エネルギー事業戦略に基づき、地方創生、エネルギー等の社会課題の解決に向けて、デジタルテクノロジー適用の検証・実証に取り組んでいく。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。