不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2023/11/9

海外事業での反動減で純利益45%減/三菱地所24年3月期2Q

 三菱地所(株)は9日、2024年3月期第2四半期決算(連結)を発表した。

 当期(23年4月1日~23年9月30日)は、営業収益5,879億3,300万円(前年同期比1.1%減)、営業利益903億1,400万円(同36.4%減)、経常利益752億2,400万円(同42.4%減)、当期純利益415億4,600万円(同45.6%減)となった。前期に海外で大型キャピタルゲインを計上したことによる反動減が減収減益の主要因。

 コマーシャル不動産事業は、再開発予定のオフィスビルの閉館があったものの、順調なリーシングにより、既存ビルの空室率は低位を維持。期末のオフィスビル空室率は4.07%(前期比0.16ポイント上昇)。丸の内エリアは2.47%(同0.21ポイント低下)となった。また、商業施設やホテルも事業環境が改善したことで順調に推移しており、セグメント営業収益は3,721億8,100万円(同11.7%増)、営業利益は879億8,500万円(同12.9%増)と増収増益となった。 

 住宅事業では、分譲マンション事業の売上計上戸数が301戸(同37戸減)。引き渡しおよび物件売却が下期に偏っていることからセグメント営業収益は1,212億7,000万円(同0.5%増)、営業損失は9億8,500万円(前年同期:営業利益33億3,900万円)となった。なお、金額ベースでは通期計上予定の96.7%が契約済みとなっており、通期予想達成に向けて順調に進捗している。

 海外事業では前期はロンドンのオフィスビルやCentral St. Gilesのキャピタルゲインがあったことの反動で減収減益。セグメント営業収益は589億9,100万円(同37.3%減)、営業利益180億1,900万円(同70.4%減)となった。

 通期については、コマーシャル不動産事業が好調に推移する一方、投資マネジメント事業の利益が当初予想を下回ると見込み、両セグメントの予想を修正。連結業績には影響せず、営業収益1億4,690万円、営業利益2,640億円、経常利益2,320億円、当期純利益1,660億円を見込む。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

キャピタルゲイン(Capital Gain)

資産の価格変動に伴って得る利益をいう。株式や不動産などの売買差益はこれに当たる。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。