不動産ニュース / その他

2023/12/7

東急不、渋谷区と協定。災害用ドローン活用へ官民連携

 東急不動産(株)は5日、渋谷区と「渋谷区地域防災に関する包括連携協定」を締結した。

 両者はこれまでも大規模な再開発や地域イベントへの参画・協力などさまざまな分野で連携し、渋谷のまちの価値向上に取り組んできた。今回の協定は、渋谷区の提唱する「災害に強いまちづくり」の推進と、東急不動産の提唱する「サステナブルで多彩なまちづくり」の実現に向け、相互協力・連携を進めることが目的。

 連携協働事項として、渋谷区地域防災計画の履行およびその実効性向上に関すること、同防災計画および防災施策の啓発・区民の防災意識向上に関すること、渋谷区内での防災の取り組み・活動に関すること、人材育成・人的交流に関すること、の4点を掲げた。 
 協定に基づく具体的な取り組みとして、相互に災害用ドローンを導入して、両者の職員を操縦士候補生として交流を図りながらの技能取得、両者の施設での合同飛行訓練を実施し、技能活用に向けた準備を進める。
 また、渋谷区が実施する渋谷区防災訓練「渋谷防災キャラバン」の拡大に向け、東急不動産の施設である「Shibuya Sakura Stage(渋谷サクラステージ)」をはじめとする区内の施設での官民合同訓練などの開催や、それを通じての新たな体験価値の提供を進め、地域防災力の向上につなげる計画。

 2024年4月以降、ドローンの官民合同プロジェクトを開始し、9月以降、合同訓練などを開催する予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。