不動産ニュース / IT・情報サービス

2023/12/25

断熱改修工事でAIを活用した新システム/住友林業

 住友林業ホームテック(株)は22日、AIを活用した「断熱改修工事提案システム」を開発したと発表。21日より東京・名古屋・大阪エリアで利用を開始、全国の省エネ基準地域区分5(水戸他)・6(東京他)・7(熊本他)を対象に展開していく。

 同社と住友林業(株)が、断熱改修の基本計画から実施方法を検証。AIによる熱画像解析は燈(株)が担当し、同システムを開発した。

 既存住宅の断熱性能について、室温や外気温から簡易に断熱性能値を計算するシステム等を用い、熱損失係数を算出。室内の熱画像をAIで解析し、断熱性能の弱点部位(床・壁・天井・窓など)を特定。効果的な改修に必要な部材を選択し、ユーザーの求める性能や改修範囲、価格などの条件に合った有効な断熱改修工事を提案する。

 これにより、住まいの一次エネルギー消費量を削減。既存住宅の性能を向上させ快適な住まいとし、長寿命化を図ることで脱炭素社会の実現に貢献していく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。