不動産ニュース / 開発・分譲

2024/1/22

中央日土地他が参画、虎ノ門一丁目東地区再開発が着工

「虎ノ門一丁目東地区第一種再開発事業」完成イメージ
地鎮祭(鍬入れ)の模様。右が中央日本土地建物代表取締役社長の三宅 潔氏

 虎ノ門一丁目東地区市街地再開発組合と、中央日本土地建物(株)、(独)都市再生機構(UR都市機構)、住友不動産(株)の参加組合員3者は22日、「虎ノ門一丁目東地区第一種再開発事業」(東京都港区)の起工式を執り行ない、新築工事に着工した。

 国家戦略特別区域計画の特定事業に指定された再開発プロジェクト。東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅前の計画区域(約1.1ha)に、オフィス・店舗・ビジネス支援施設等で構成する大規模複合施設を開発する。延床面積は約11万9,886平方メートル、地上29階地下4階建て。建築デザインは(株)小堀哲夫建築設計事務所、ランドスケープデザインは(株)ランドスケープ・プラスが担当する。

 中・上層階のオフィスは基準階床面積約2,800平方メートル。最上階にはラウンジや庭園等を設け、オフィスワーカーの交流を促進する。低層部の2~5階には、「(仮称)虎ノ門イノベーションセンター」を導入。官民がフラットに交流・議論ができる場とし、社会課題解決と経済発展を両立した新たな取り組みの創出を目指す。

 次世代のオフィスビルとして、消費エネルギーを効率的に削減する設備・仕様を導入するほか、DHC(地域冷暖房施設)も採用。これらの施策で、LEEDGold予備認証を取得しているほか、ZEB Ready(事務所用途)、DBJ Green Building認証およびCASBEE、BELS最高ランクを取得する予定。

 併せて、「虎ノ門」駅周辺の歩行空間を拡充。新たに南北を接続する地下通路も整備し、まちの回遊性を高めていく。

 竣工は2027年6月15日を予定。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。