不動産ニュース / 政策・制度

2024/4/2

子育て支援型共同住宅推進事業の募集開始

 国土交通省は、2024年度の「子育て支援型共同住宅推進事業」の提案募集を、1日から開始した。

 共同住宅(分譲マンションおよび賃貸住宅)を対象に、事故防止や防犯対策等の子供の安全・安心に資する新築・改修の取り組みや、子育て期の親同士の交流機会の創出に資する居住者間のつながりや交流を生み出す取り組みを支援する。

 対象は「転落防止の手すり等の設置」や「ドアや扉へ指詰め防止工事」、「チャイルドロックや立消え防止等の安全装置が付いた調理器の設置」等の20項目。新築の場合は全項目の実施が必須で、改修の場合は「転落防止の手すり等の設置」が必須となる。

 「子供の安全確保に資する設備の設置」については、新築が事業費の10分の1、改修は3分の1(戸当り上限100万円)を、「居住者等による交流を促す施設の設置」については、新築が事業費の10分の1、改修は3分の1(戸当たり上限500万円)をそれぞれ補助する。

 事務局による事前審査を受けた上で、2025年2月28日までに交付申請書をメールで提出する。詳細は同省ホームページを参照。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。