不動産ニュース / 開発・分譲

2024/4/5

住林、豪州ブリスベンで賃貸住宅開発に参画

開発イメージ

 住友林業(株)は5日、100%子会社のSumitomo Forestry Australia Pty Ltd.(以下、「SFAU」)が、豪州Cedar Pacificが開発する賃貸用集合住宅(BTR:Build to Rent、賃貸専用住宅)プロジェクトに参画したと発表。同社グループが豪州でBTR開発事業に参画するのは初となる。

 開発地は、豪州で3番目の経済規模であるクイーンズランド州ブリスベンに位置。雇用集積地のCBD(ビジネス中心地)まで約1.5kmのエリア。総開発面積5万7,484平方メートル内に、鉄筋コンクリート造地上31階建ての賃貸用集合住宅を建設する。同州政府が支援するアフォーダブル住宅促進プロジェクトの一つ。総戸数475戸のうち、政府からの補助金を受けることでマーケットと比較して手頃な価格で供給されるアフォーダブル住宅を250戸供給。ルーフトッププール、フィットネスジム、シアタールーム、コワーキングスペースなどの共用施設も設置する。

 豪州の環境認証Green Star 5Star取得、Net Carbon Neutralに基づくオペレーショナルカーボンネットゼロ達成を目指し、脱炭素にも貢献していく。

 着工は5月、竣工は2026年10月の予定。

 同社は今後、豪州を中心に木造・ESGに特化した不動産開発を展開していくことにより、脱炭素化への取り組みを加速していく考え。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

コワーキングスペース

属性の異なる人々が共同で利用し、相互に交流することのできる仕事場。英語のcoworking space。業務のための場所を共有するだけでなく、利用者間の交流が生まれるところに特徴がある。また、交流を促すための行事などが実施される場合もある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。