不動産ニュース / 開発・分譲

2024/4/15

立石駅南口の再開発事業、都が組合設立認可

「立石駅南口東地区市街地再開発事業」の完成予想図

 東京都は、立石駅南口東地区市街地再開発事業(東京都葛飾区)に関連して「立石駅南口東地区市街地再開発組合」の設立を認可したと発表した。12日付。同再開発には、参加組合員として野村不動産(株)と阪急阪神不動産(株)が参画する。

 京成電鉄押上線「京成立石」駅周辺の連続立体交差事業に伴う再開発事業の一つ。狭隘道路が多く、老朽化した木造建築物が密集していたことから、防災性の高い建物への更新を行ない、さらに緊急時には周辺住民や帰宅困難者が避難できる防災拠点を整備することで、地域全体の防災性向上を図るのが目的。さらに、利便性の高い商業・公益機能を整備するほか、駅周辺の回遊性向上、まちのシンボル的な空間を創造することで駅前のにぎわい創出を目指す。

 地区面積は約1haで、敷地全体をA敷地・B敷地に分けて開発する。A敷地は住宅・店舗・業務・公益の機能を持つ、地上32階建ての複合ビルを整備。延床面積は約5万2,915平方メートル。B敷地は地上3階地下1階建ての商業施設を整備。延床面積は約1,400平方メートル。このほか、区画道路や歩道状空地などの回遊動線や広場を整備していく。

 総事業費は約341億円。2025年度に権利変換計画認可、27年度の着工、30年度の竣工を見込む。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

市街地開発事業

市街地を開発または整備する事業のこと。 具体的には、都市計画法第12条に掲げられた次の6種類の事業を「市街地開発事業」と呼ぶ。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。