不動産ニュース / 開発・分譲

2024/5/15

シンガポールの冷凍冷蔵倉庫開発に参画/商船三井

冷凍冷蔵倉庫の完成予想図

 (株)商船三井の東南アジア・大洋州地域統括会社 MOL Pte. Ltd.(シンガポール、社長:田村 城太郎氏)は、シンガポールの冷凍冷蔵倉庫開発事業に参画する。

 鹿島建設(株)のシンガポール現地法人Kajima Development Pte. Ltd.がシンガポール西部・ジュロン地区で進める、新規冷凍冷蔵倉庫開発事業へ参画するもの。

 開発地はシンガポール政府関連公社認定の食品加工許可地帯「Food Zone」内に位置する。敷地面積1万9,000平方メートル。5階建て。延床面積4万7,495平方メートル。

 最大8万パレットの収容が可能。大型冷凍自動倉庫や仕分けマテリアルハンドリングを完備。保管する貨物に応じた温度設定が可能で、一部に完全自動倉庫エリアを導入するなどの高機能の大型冷凍冷蔵倉庫となる。省エネ型冷却機器を導入し、屋上階に最大5,500平方メートルの太陽光パネルを設置するなど、環境にも配慮した設計を採用。竣工は2025年12月末の予定。

 同社は、冷凍冷蔵倉庫事業を国内2拠点、海外1拠点で展開。今回の事業投資を契機に、アジアをはじめ需要拡大が期待される地域を中心に、冷凍冷蔵倉庫事業の投資を拡充していく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

物流施設

貨物の保管・仕分けなどのための施設。物流センター、倉庫などであるが、保管機能だけでなく流通加工の機能を備えたものもある。必要な設備は貨物の性質や施設の用途によってさまざまで、その立地は、輸送方法や用途に応じて選定される。倉庫事業者が施設を建設し、賃貸する方法で運営されている場合が多い

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。