不動産ニュース / 団体・グループ

2024/6/14

中高層建築の供給を強く推進/2×4協が総会

「ツーバイフォー住宅がユーザーに支持されている」などと挨拶した池田会長

 (一社)日本ツーバイフォー建築協会は13日、都市センターホテル(東京都千代田区)にて定時社員総会を開き、2023年度の事業報告・収支決算、24年度事業計画・収支予算等を決議した。

 24年度の事業計画には、重点事項としてツーバイフォー(2×4)工法関連技術の研究開発や技術基準の整備、技能者の育成等を盛り込んだ。具体的には、技術研究について建築物省エネ法への対応や、生産・施工システムの合理化のためのパネル工法の実用化に向けた委員会の新設などを実施する。また、1974年の2×4工法のオープン化と同協会の設立50年に合わせて「ツーバイフォー50周年」として活動を展開していく。

 総会後に行なわれた記者会見で、同協会会長の池田 明氏は、「1月の能登半島地震では、震度6弱以上のエリアにおいては、地盤崩壊などを除き、全半壊・一部損壊はゼロという結果になった。2×4住宅の優れた耐震性を確認するとともに、今後も安全・安心の住まいを広めていく責務を果たしていく」などと挨拶。

 2×4住宅の現状については「持家の新設住宅着工が4月までに29ヵ月連続で前年同月比マイナスとなる中で、2×4住宅は9万1,000戸で横ばいで推移した。23年度の全住宅着工戸数における2×4住宅のシェアは11.5%と前年度に比べ0.8ポイント増加しており、ユーザーの皆さんに支持されていることがうかがえる。施設系建築についても、着工件数が7%程度増加している。当協会としても、2×4建築による中高層・大規模建築の供給を強く推進していきたい」などと話した。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

2×4(ツーバイフォー)工法

北米で生まれた木造建築の工法。わが国における正式名称は「枠組壁工法」である。 断面が2インチ×4インチの木材を使用することから、このような名称が付けられた。このツーバイフォー工法の最大の特徴は、木材で組んだ「枠組」に構造用合板を打ち付けることで、構造全体の強度を得ることである。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。